私たちは、
メーカーとお客様との
架け橋となり、
商品を選ぶ楽しさ、
確実に手に入る喜びを
提供します。

  • 強みOUR STRENGTHS

  • 戦略・ポリシーSTRATEGY / POLICY

  • ノウハウKNOW-HOW

  • 優位性SUPERIORITY

  • お客様のメリットMERIT

  • 仕入れ×企画力×販売力
    商品の新たな可能性を
    見出す能力

    • 取扱可能商品50万商品の中から
      売れる商品1万5000点を厳選できる
      目利き力と値決め力
    • 1品1品丁寧に撮影したデータ、
      営業トークを加えた説明文
    • 機械工具インターネット販売分野にて
      オンリーワンで市場を差別化している
    • 最安値ではなく適正価格で商品を売る
  • エヒメマシンはルールを
    一番大切にします。
    ルールを破ることは嫌いで、ルールを破られることも嫌いです。

    エヒメマシンはルールを一番大切にします。
    ルールを破ることは嫌いで、ルールを破られることも嫌いです。
    ローカルルールのように、守りようがない開示していないルールも嫌いです。
    買い物はお金を使って、満足のいく商品を手に入れる、楽しい時間です。 好きなものがいっぱい並んでいて、色々見て回れて、ほしい商品と情報が確実に手に入る、
    遊園地のように楽しいショップを目指します。

    例えば遊園地で、ルールに従ってアトラクションに並んでいて、 スタッフがお得意様を見つけて、
    「〇〇様そんなとこに並ばなくても、仰ってくだされば直ぐに御乗りいただけます。」
    と言いながら、順番飛ばしして後ろから先に乗せたら、その遊園地に二度と行きません。
    同様に、
    「オレは直ぐに熱中症になるんやから、はよ乗せてくれや!!」
    「こんな日の当たる場所に並ばせるんは、作りが悪いからやろ!!」
    などと理不尽な言いがかりをつけて、先に乗ろうとした人がいて、その人を先に乗せれば、その遊園地に二度と行きません。
    なんとなくここに並ぶような感じだなと思って並んでいた場所が間違っていて、こちらにお並び下さいと言って移動させられて、明らかに後から並んでいる人の後ろに並ばされたら、
    その遊園地に二度と行きません。

    入場券と一緒に優先チケットを販売していて、一般の人と違う列で優先的に乗れることを知っていれば、そのチケットの金額を考慮し、高いお金を支払って早く乗るか、通常のチケットで並んで乗るかを選択をします。
    もし一般のチケットで並んでいて、優先チケットを持っている人がスムーズに乗ることが羨ましく思えば、次は高いチケットを買おうと決心します。明確なルールに基づいて順番が変わることは、納得することができます。


    店舗のルールを明確に開示し、そのルールに従って注文してくださるお客様を最優先し、そのお客様に今できる最高のサービスをご提供できるよう心がけます。
    電話での問い合わせは受け付けていないので、電話問い合わせが入った場合、
    「わざわざ電話してくれた」
    ではなく、メールでお問い合わせをしてくれて、回答の順番待ちをしてくださっているお客様をできる限り優先します。
    「この商品とこの商品はどっちがいいと思う?」
    と問い合わせしてくれた、商品をほしいと思ってくれているお客様よりも、一生懸命時間をかけて、掲載している情報を見比べ、 商品が本当に自分に合うか、合わなかったらどうしようと不安を抱えながらでも、ご自身で決心し、大切なお金を使ってくださったお客様を最優先します。
    そのためにできることに時間を費やします。
    なぜ問い合わせをしなくてはならなかったのかを考え、商品画像、情報を見返し、足りない画像、情報を追加します。お客様が欲しいと思われている商品が掲載されていなければ、掲載できるかどうか仕入先を探し、流通を確保できれば掲載します。
    順番飛ばししてくる人、理不尽なクレームを言ってくる人に、その場しのぎの対応をしてしまうと、ルールを守ってくださっているお客様に嘘をついてしまうことになるので、とことんメールで話し合い、ルールを理解していただいた方にだけ継続的なお取引をさせていただきます。

    対面販売や、お客様のところに営業に行く場合だと、その全てを守ることは難しく、臨機応変に対応しなくてはならない状況が多々あります。
    それは、ルールや順番を明確にできないことと関係しますが、以前の訪問して販売するスタイルの時は、ルールを守れないことがとても嫌でした。
    仲良くなったお客様のところには滞在時間が長くなってしまいますが、 売るものも無くなってきて売り上げが上がらなくなることにも葛藤がありました。
    売り上げを上げるために、今は必要ないと思うものを勧めたり、それを必要ないと知りながら、
    「いいよ、置いときや。」
    って買ってくださることが心苦しかったり。
    インターネット販売の場合、お買い物ガイド、メール、注文履歴で証明できるため、より多くルールを守ることができます。
    必要な時に必要なものを、適正価格と、店舗が考える最高のサービスでご提供できる、それでいてしっかり売上を上げることができる今のスタイルが、とても好きで楽しく感じています。

    「何も言わない」
    ただ購入してくださる最高のお客様が求めるものは、きっと
    「エヒメマシンで購入していることがステータス」
    と感じていただけることだと信じています。
    どこか違う場所でエヒメマシンの名を聞いた時、心の中で
    「そんなの前から知ってるよ」
    「昔から工具を買うならエヒメマシンやし」
    「今頃知ったの?」 って優越感を感じていただけるような。

    そんな店舗になるために、今できる最高の商品のご提供に対して、メーカー、商社と交渉し、品質が気に入らなければ、メーカー本社に行って品質会議を行います。
    製造工程を確認し、この工程ならこのキズが付くことはどうしようもないと納得すれば、そういう商品であることを商品説明文、お買い物ガイドに記載します。
    メーカーが考える品質と、お客様が考える品質には、
    大きな開きがあります。
    そのバランスをとることが最大の仕事と考え、
    メーカーとお客様との懸け橋になれる、
    販売店にしかできないこと、
    販売店が存在する意義と考えます。
    この考え方は、他店に絶対に負けていないことをプライドとし、
    『商品やサービスは販売しても、プライドは売らない。』
    そのスタンスで運営しています。

    VIEW MORE
  • エヒメマシン
    〜 自社 ノウハウ 〜

    • 1. 薄利商品で利益を生み出せる企画販売力
    • 2. 市場ニーズにリーチしたオリジナル製品を生み出す
    • 3. 出品商品 自社撮影
    • 4. 販売価格の決められた商品をアイデアで売る
    • 5. オリジナルセットで他社と差別化
    • 6. 最安値ではなく適正価格で商品を売る
  • ライバルに対する差別化

    高品質かつ生産性高い、
    常にイノベーションを行う
    バックヤード業務体制

  • 仕入れ×企画力×販売力
    商品の新たな可能性を
    見出す能力

    • 1. お客様からのお声をメーカーに届け、市場にマッチした価格、品質を一緒に作り上げることができる
    • 2. 色々なメーカーの高品質な商品を、買い合わせることができ、適正価格と適度な梱包でお届けできる
    • 3. 宣伝広告費を極限まで抑えた運営を心がけており、その分お客様へ還元される
    • 4. 国内ハンドツールトップブランド KTCツールセットを圧倒的なボリュームで在庫している
    • 5. メーカー欠品中の商品やメーカーで販売していないオリジナル商品も、当日出荷で対応

COMPANY PROFILE

社名 株式会社エヒメマシン
所在地 〒790-0934   
愛媛県松山市居相1丁目12-6
代表者 山田 敏明
店舗運営責任者 山田 和哉
設立年月日 平成12年4月1日(平成19年3月28日株式会社エヒメマシンに社名変更)
資本金 3,000,000円
事業内容 1.EC事業(インターネット通販事業)
・オンラインショッピングサイト「EHIME MACHINE」を運営し、主に工具、メーカーグッズ、LEDライトなどを販売
・自社サイト、Yahoo!ショッピングストア、Yahoo!オークション、楽天市場で店舗展開

2.コンサルティング事業
・EC事業立ち上げから事業化までをトータルコーディネート
関連サイト EHIME MACHINE(ECサイト本店)
EHIME MACHINE Yahooショッピング店
EHIME MACHINE 楽天市場店