企業理念

商品を売らせていただける感謝と

選んでいただける喜びを

丁寧な梱包のカタチでお届けします

VISION

MISSION

MANAGEMENT PHILOSOPHY

株式会社エヒメマシン

専務取締役

山田 和哉

商売をするということは、まず商品を仕入れないと始まりません。

仕入れさせていただくためには、販売力を身に着けていく必要があります。 それを両立させていくために「当たり前のことを当たり前に行う」行動指針を大切にしています。

インターネット通販を始めるまで

創業当初は愛媛県内をルート営業し、車検機器など大型商品の販売・施工請負を主な業務として運営していました。時代が進むにつれ、インターネット通販との価格比較が頻繁に出るようになります。   「インターネット通販は今後必ず必要になるが、既に先行している企業がある中で売り上げを上げていくのは厳しいと考えていたところ、訪問先で廃棄処分されるカーパーツが目に付き、販売をスタートさせました。実際に行ってみるまで、インターネット通販は何か特別なもののように感じていましたが、販売させていただくことの根源は全く同じことに気付き、ホームページの作成・工具の販売へと進んでいきます。

全商品撮影・検品

ホームページでの通販をを始めるにあたって、まず自分ならショップに何を求めるかを考え、行き着いたの「お客様の目の代わりになることでした。  カタログから画像を切り抜いて出品するのではなく、取り扱う全ての商品を撮影し、見たり触れたりした感想を商品説明文に掲載していきました。 ご購入いただいた商品を出荷する際には全ての商品を検品し、異常がないのを確認した上で発送する流れを作り、クレームにつながる要素を徹底的に排除することを目指しました。

ステータスだと感じていただける会社づくり

全商品検品していると、作り手とお客様の考える品質には、大きなギャップがあることに気付きます。メーカーでは工業製品として製造しているため、外観品質よりも実用性を重視しています。お客様は見た目を気にされます。商品の特性を記載した上で販売すればご納得いただけますが、改善してほしいとのお声はいただくので、製造コストが上がらない範囲での改善提案を、メーカー製造部へ直接行うなどしてきました。

こうした取り組みの過程で得られた販売に関するノウハウを、より良いサービス開発、幅広い分野の商品提供に活かしていくことが、これまでご理解、ご協力いただいた取引先様、お客様への恩返しだと考えます。 そして、近い将来国境を超え、世界に発信していける会社を目標に、“エヒメマシンとの取引が、ステータスだと感じていただける会社づくり”を行っていきたいと思います。