制作部.jpg

制作部

任せてもらえる仕事がある

やりがいのある職場

制作部 リーダー

渡邉 卓哉

 

Q.応募しようと思ったきっかけは何でしたか?

 

家族旅行で愛媛に訪れた際、松山で暮らしたいと強く思い、移住のために仕事を探していました。思う仕事が見つからず悩んでいたところ、商品撮影の求人を見つけたのがエヒメマシンでした。 東京の制作会社で、化粧品や腕時計をメインとした商業カメラマン・レタッチャーとして従事していたので、工具の撮影は未経験でしたが今までの撮影技術で対応できるのではと考え応募しました。

 

 

Q.入社からの経緯を教えてください

まずは倉庫業務からスタートしました。商品に触れる事で、品番や大きさなど撮影に必要な知識を得つつ、アシスタントとして空いた時間に撮影をしていました。工具の撮影と並行し、コンサルティング事業の撮影を任せていただく機会があり、スタジオの建て込みや、撮影の流れを確立、新人カメラマンの指導を担いました。新社屋建設のレイアウト作成や、人事について携わるなど、今まで経験したことのない分野にも挑戦させていただきました。 普段の撮影はもちろんですが、様々なプロジェクトが随時進行している会社のスピードを加速させるため、常に優先順位を意識しながら、現在メインカメラマンとして業務にあたっています。

 

 

Q.今後どのようになりたいですか?

 

モニター越しのお客様に、より分かりやすい写真を提供できるよう撮影技術を磨いていきたいと思います。また、以前はリーダーや管理職に興味がありませんでしたが、撮影以外に任せていただく業務も増えたので、今までの経験を生かすことで事業部を引っ張っていけるような存在になりたいと考えています。